山本かんばん店

山本かんばん店 あれこれ!

チェッカーのフロア

ウチのショウルームのフロアは、塗装によるチェッカー仕上げです。

DSC07965_convert_20101031161932.jpg

少々痛んできたところで、2年おき位に塗り替えます。 

マスキングもせず「サッサッサ~~~」とハケで・ラフに・・

「自分でも、これ駄目じゃないの~ て位に塗り分けのラインは、わざとグニャグニャに仕上げます。なんでかと言うと、
店作りのご相談に来られた御客さまに、 重箱の隅をつつかず、全体を仕上げて下さい。 ウチの床なんて適当に仕上げてるのに、無意識に見ると全く気にならないでしょ!」 と、説明する為です。



「さあ~て、綺麗になった♪」




ピンストライパー候補生の皆さん、以前言ったように、ハケ使ってます?

ピンストライプブラシだけを握っていては、ピンストライプをマスターする事への遠回りですよ、

ピンストライプは、欧米の看板屋さんの仕事のほんの一部にしか過ぎない事は、以前言いましたね。

DSC07970_convert_20101031161958.jpg

こんな大きなハケをしなやかに動かし「ムラを切る」テクニックがあってこそ、あんな2mm幅の筆で、ムラの無い、勢いのあるラインが引けるのです。


カッコいい事だけ取り組んでいてもダメ!





スポンサーサイト

I LOVE PINSTRIPE!

「ピンスト」 では無く、 「ピンストライプ」

「ピンスト出来るんスか~?」なんて言われると、なんかイヤだ。



僕は、ピンストライプの事をピンストとは略して呼ばない(ほぼ)。

敬意と愛を表して「ピンストライプ」

フルネームで呼んであげます。


でも、時々・話の流れで「ピンスト」と 口が滑っちゃう事も・・・

ピンストライプ君 ごめんなさい。

超絶ロールテク

ク~~~! たまんないね~~~

この、しなやかな深い身体の動きをモトクロスライダーにマスターして欲しい!


超絶ロール


鶴田くん、NBCスタートヒルのライン引き、ちょっと待っといてね~~

造りたい物を作った。

さとうさんより、完全おまかせでオーダーのサインが出来上がりました。

存在感あるでしょ!

DSC07947_convert_20101029145817.jpg

古木風味とサビ鉄風味の作品ですが、全て新品で、錆びてはいません。


DSC07936_convert_20101029145844.jpg

ピンストライプは、離れると見えなくなる位の色合いで、マット(艶消)で描きました。

DSC07939_convert_20101029145911.jpg


DSC07955_convert_20101029145943.jpg

いつもやる気な、ユトリロのサトウさんです。

ありがとう御座いました、アノ件も楽しみにしています!!

ボンジュ~

「宅、今晩はフレンチざ~ますの! ホッ ホッ ほ」 (古いイメージだ)
CA346253.jpg

サイン関係をオーダー頂きました、「メルシー博多」です。

日本の博多に魅せられて、10年前にフランスよりやって来た(いけめんフランス人)レミさんが開店した、ビストロ居酒屋です。

CA346254.jpg
レミさんと奥さんがDIYで仕上げた店内が、いい感じ。

CA346256.jpg

博多に惚れたレミさんのアイデアメニューは、明太子や豚足とフレンチのコラボがあったり、とっても美味しいです。

ここのポリシーは、本場の、「庶民の居酒屋」て事で、メニューはどれも安く、食べて飲んで、お一人様2000円~3000円でOKです。

CA346258.jpg

場所は、西鉄井尻駅が最寄  井尻商店街から、ちょっと外れたところです。

「メルシー博多」自分で調べてみよう!

グリーンフラッグ

DSC07924_convert_20101028200738.jpg

いつも御世話になってます、グリーンフラッグさんに、取り付けと打ち合わせに行って来ましたよ~

店長は、元カワサキのファクトリーライダー! 今でも稲妻の走りです!!

宇宙人になりました。

溶接もやるんですが、(すごく低レベルなアーク溶接で、取合えず着いてるレベルです) 
今までは、皆さんイメージするこんなマスクを左手に持って、バチバチ! て、やってたんですね。

DSC07899_convert_20101026175200.jpg

が、液晶で自動で遮光するマスクが便利って聞いたんで、思い切って買ってみたんですよ~~

DSC07909_convert_20101026175349.jpg

「フォッ フォッ フォッ 我々は・・・・」 こんな感じ。

これで、今まで塞がってた左手が自由になりました。 そしたら・・・・

「凄い!」

対象物を手で持てたり・持たない状況としても、左手がフリーで身体のバランスが保てる為か、
溶接部分が綺麗に仕上がる! もちろん、かぶりっ放しでムダな動きが無いので作業が早い!!

溶接機の性能が上がったような錯覚さえ・・・・

「あ~」今まで何をやってたんだろう。僅か1万円を使わなかったばかりに、そのロスは計り知れない。

みなさん、良い道具は積極的に使いましょう!


(溶接機を少しレベルUPさせたいな)

さとうさんから

DSC07891_convert_20101026003446.jpg

「山本さんにお任せします♪」と言って、アートなスタンドサインをオーダー頂きました。

ウッドとアイアンの複合で、アンティークな物に仕上げます。

ピンストライプも入って、雰囲気を盛り上げます!




普通、店舗の前に置くスタンドサインと言えば、ほとんどの店主さんが、金額のみを気にしてラーメン屋さんみたいな安っぽい物になってしまうんですが・・・

ユトリロのさとうさんは違います。「良いものを作って!」と、僕に完全お任せしてくれます。

ありがとうございます!

ピンストライプ

DSC07892_convert_20101026003419.jpg

今度描く予定のデザインを考えてます。


描く予定のラインは全て書き出しておく。 

「包丁持った後に献立を考える人は居ないでしょ!」てのが僕理論。


僕も勉強中です。

ほほ~

DSC07888_convert_20101024230339.jpg

やるやん!

今日で3日連続自主練してる。 

それ+ 周りが盛り上がると、興味の無い顔してたくせに、いつの間にかコソ~と参加するタイプの長女まで・・・・

ま、いいか


女親と娘2人が自主的にBMXを楽しんでる家庭なんて、世界に無いと思う。

カッコいいド~~~~♪

BMXを車に積む

どこまでも自走で行ってた少年時代を経て大人になった時、車にBMXをどう積むのか?
一つ問題になるとこです。 これが大人としてはウザくて、離れてしまった人も多いのではないでしょうか?

最近の車内は広いですから車内に積むのは簡単ですが、小さく見えるBMXでも、
以外と場所をとって、人間は2人しか乗れない状態に・・・ これではちょっと

で、車外に積載って事になるんですが・・

こんなとか 194_1.jpg
こんなとかf00aad54.jpg

確かに自転車用のキャリアは販売されてますが、こんな優等生的な・サイクリスト的な・オマジメな積載方法ではダメ! と、僕は勝手に思うのです。 なぜなら、BMXは自転車スポーツではなく、サーフィン・MXとかのXスポーツだからです。 だからもうちょっとワイルド感が欲しい!  (しかも、自転車としては規格外のBMXは、サイクルキャリアに載らない事も多々あるのです)

んで・・ Goodなアイデアを教えましょう!

DSC07865_convert_20101024144151.jpg
これだけはどうしても必要です。 キャリアベースです。安い物や中古を探せば1万以内でありますね。
バーは洒落た形よりも、四角の断面が良いです。 これをバー間50cm位(あなたのBMXに合わせて)で取り付けます。


DSC07863_convert_20101024144058.jpg
そして、プラスチックか金属でこの様な物を作って、ベルクロ(マジックテープ)などのガッチリ締まる結束用のベルトを用意します。

これだけ

DSC07866_convert_20101024144219.jpg
このパーツを強力な両面テープで、BMXのグリップ幅とシートの位置に接着します。道具がある人はビス留めすれば尚ベストですが、ココには強度はあまり必要ないです。 あくまでも積む作業し易さの為のガイドですから。

DSC07867_convert_20101024144243.jpg
こんな状態です。 この3点にBMXをひっくり返して乗せます。

DSC07868_convert_20101024144310.jpg
この様にグリップとシートをぐらつかない様にガッチリと、2重3重にしてベルクロで留めます

DSC07869_convert_20101024144337.jpg


DSC07870_convert_20101024144402.jpg

はい、こんな状態です。
ね、簡単で安上がり、そしてワイルドでしょ! 

(互い違いにすれば3台積む事が出来ます。)  

この方法のポイントは結束用のベルトにあります。2重3重でしっかりと。アウトドア用の「ギュっ!」と強く締まる物があれば、そんな物を使ってください。 落ちたら大変ですから。

気になる・・・・

気になる気になる気になる
繝輔ぃ繝溘・_convert_20101024145439

ウチの向かいのコンビにの入口付近に座り込んで、カップラーメンをすする、小学生に近いような中学生たち。

どんどん低年齢化してる・・・

・・・・・どうかと思う。

どうかと思うのは、自分達の姿がどう見えるのかをイメージ出来ずに、こんなとこで食事をとる本人達に対してが半分と・・・・


そこそこの家に住んで・そこそこの車に乗って・そこそこの服を着て・そこそこの液晶TVを買う。

そんな生活を維持する為に、一番重要な時期の子供たちに小銭を渡して、共稼ぎに出てしまう親の事。



現在、政治・経済・教育・環境とか、大きな問題が討論されてるが、こんな足元が軟弱・幼稚な状態で良くなる訳が無い。


生活水準を最低まで落としても、子供が成人するまでは、親のどちらかが子供を常に見ている生活でなきゃ絶対ダメ、と僕は思います。




小学校フェスティバル

今日は、例の小学校まつりへのゲーム屋さんとして参加の日

DSC07822_convert_20101023171130.jpg
例年通りのセッティングです、   盛り上げ役は、我が家のビーちゃん。


ルールは簡単、走らせたミニカーが止まった場所にある数字の分だけ、御覧のうまい棒orナタデココゼリーが貰える。といった物です。


DSC07832_convert_20101023171218.jpg
今年は直前に、ゲストティーチャーとして授業に参加したので、チビッコ達に面が割れている為
「あ!山本さんやん」「ヤマモトさんだ!」「やまもとさ~ん♪」と、いつにも増して途切れる事の無いお客さんでした。

DSC07852_convert_20101023171245.jpg
男の子も、女の子も

DSC07828_convert_20101023171156.jpg
おっちゃんも

DSC07845_convert_20101023171309.jpg
みんな楽しんで頂けた様でしたネ。


来年もやるのかな? (と、去年も言ってた)


因みに、こんなお祭に参加したり・サーキットで出張ペイントしたり・カスタムカーのイベントに出店したり・小学校で授業したりと・・ 生の僕を知らずにweb上だけで僕を見てる人は、
「山本さんて、相当な出たがりの、お祭り男なんやね~」と思うでしょうが・・

No!! 出来れば人と喋らずに、インドアでデザインでも考えてる方がしっくり来る、ジミ~~~な性格なのです。 (直接会う人は解るよね)

でも、喜んでる顔を見るのはたまんなく好きで、こんな事に首を突っ込んでしまいます。

TWB

いつもありがとうございます。

DSC07772_convert_20101021192927.jpg

「このヘルメットが、何度表彰台のテッペンに昇るのかな~♪」DSC07770_convert_20101021193005.jpg

ピンストライパー候補生に捧ぐ

DSC07788_convert_20101021154012.jpg

地域の、和太鼓の師範の方からオーダー頂きました。

「和太鼓屋で造った太鼓を載せる台がカッコ悪い。なんとかして~~~」

と、 見せて頂くと、直線で切られた角材や平板で構成された、なんとも遊び心の無い、
日本の伝統芸能の道具を置く台としては、非常に情けない物でした。

そこで、一番長い直線だった部分に、美しいRデザインを入れました。(最初は手が指したライン)

これでステージでも一味違う見栄えになるでしょう



ピンストライプやカスタムペイントを勉強しているあなたへ、

この曲線、何かに見えませんか? そう、ピンストライプデザインの一部や、フレームスの一部と全く同じなのです。 美しい曲線デザインに、和も洋も・和太鼓もカスタムカーも無いのです、 問題は、使い方と色使い。

その事を良く理解しましょう!

No.

DSC07785_convert_20101020133716.jpg

ウチのBAJAのサイドガラスにある、このNo.

ローカルレースのゼッケンを模した、僕の年齢なのです。

で、17日で49歳になりましたので、ナンバーUP!


乗り出した時は、39番だったのにな~

5RICH

ポピュラーな仕事のご紹介

DSC07439_convert_20101019161136.jpg

写真入りの看板です。 外注する事なく、自社で製作致します。

10年位か、もっと長期色あせしない実績がありますので、
「お金が掛かるから」と、御自身でカラーコピーをパウチした情けない物を、頻繁に
造り直すよりも、遥かに宣伝効果もあって、遥かにコストも安くなります。

だからと言って、写真を使いすぎたり・使い方を誤っちゃうのはマイナスです。


モデルは、オーナーの坂本さんです。(パワフルです♪)

この季節がやってきた

DSC07774_convert_20101019160336.jpg

大型ラジオフライヤー満載の駄菓子争奪

「須玖小サーキット」が!

フレイムス

DSC07765_convert_20101018141403.jpg

絡みの無い、シンプルなヤツほど難しい・・・

ロッキンクルージン

ロッキンクルージン

天気も良く、最高の一日になりました。

DSC07603_convert_20101018131839.jpg

DSC07614_convert_20101018155755.jpg


DSC07667_convert_20101018132130.jpg
フロントホイールは、遥かかなた

DSC07668_convert_20101018132159.jpg
気になる一台

DSC07654_convert_20101018131949.jpg
ガールズにボディアートを

DSC07662_convert_20101018132016.jpg

DSC07674_convert_20101018132226.jpg
気になる2台目、古過ぎるトラックだけど、VWのエンジンが載ってて、快適に走れそうだ。
仕事に使いたい~~~

DSC07676_convert_20101018132251.jpg
もう一人女の子に・・

DSC07677_convert_20101018132318.jpg
アイライン用のペンで描いてます

DSC07696_convert_20101018132414.jpg
チビッコにBMXを教えるウチのマダム。横では車がツイスト!

DSC07687_convert_20101018132345.jpg

DSC07735_convert_20101018132520.jpg
ピンスト体験会

DSC07664_convert_20101018132104.jpg

DSC07704_convert_20101018132441.jpg鉄壁だ!

DSC07611_convert_20101018131920.jpg

そして、僕のブース。  

ご利用頂いた御客さま、ありがとう御座いました!!



ナナちゃん

ご町内のお友だち、Mさんの会社に勤めながら、プロミュージシャンを目指す、「坂之上ナナちゃん」を
 これまた、ご町内のライブパフェカフェ「ハーベストさん」に御紹介して来ました。

腕試しとばかりに、早速2曲を披露!  実力バッチリ! そしてキュ~ト!

DSC07529_convert_20101016184545.jpg


「坂之上ナナちゃん」


DSC07561_convert_20101016184621.jpg


「坂の上ナナちゃん」

DSC07572_convert_20101016184645.jpg


「坂之上ナナちゃん」


もう覚えましたね! 今後の活動に注目~♪

「福岡ミュージシャンの聖地?」天神警固公園で、ストリートしているらしいので聴きに行こう!!

DSC07522_convert_20101015195840.jpg

フレイムスデザインって、やっぱり難しい。

炎と余白のバランスが肝だ

ヤンキーと、アメリカンが紙一重!

やっぱり

昨日の余波が来んしゃったです。

DSC07512_convert_20101014172150.jpg


DSC07517_convert_20101014172221.jpg

僕の作品の悪い部分

DSC07382_convert_20101002014514.jpg

僕より上手い方・目の肥えた方なら、僕のピンストライプには、大きなウィークポイントがある事に気付いてると思います。  実は、自分で解ってながら 治せない・進歩できない部分があるのです。 

誰かに聞く訳にもいかない。

自分で乗り越えるしかないのだ~~~~~~~~~~~~

とにかく色を考える。 ピンストもお部屋も同じ

CA346233.jpg

SHOPに行って、こんな色別にディスプレーしてあると、

「綺麗~~ ・ かわいい~~ て、買っちゃいますね、男性も女性も」

ところが、家に持って帰ると・・・・ アレ?



こんな色が似合うのは、小学生女児の部屋か・ちょーモダンに造られた生活観の無い部屋にポツンと置く位。


前のポリバケツの記事を思い出して~~~~

物を買う時は~、 今見て良いか、ではなく、使う場所に置いてどうなるかを頭をフル回転させて考えます。

一般的に片付いてる日本の部屋に似合うのは、この中で せいぜい茶色かアイボリーですね。



ディスプレーマジックにはまらないように!!

ロッキン用

「え? 山本さんちのBMXにピンスト入ってないと?」

DSC07442_convert_20101013162004.jpg

て、必ず言われるので、マダムの方にシンプルなのを入れました。

細いパイプに入れるのって、技術的にも・デザイン的にも難しい、

(誤魔化そうとして、描けば描く程、カッコ悪くなる。)

そんな中に色んなバリエーションを持ってる人を尊敬します。





文部科学省任務完了!

小3対象の、ゲストティーチャーに行って参りました。

DSC07445_convert_20101013133824.jpg

なぜかBMXで登場する僕、簡単なトリックを1つ決め、小3のハートをがっちりキャッチ!?


DSC07468_convert_20101013135039.jpg
みんなの町・学校の看板を作ってますよ~、や 僕がこの世界に入った訳とかを御話し中。

DSC07477_convert_20101013134826.jpg
当たり前な看板の話を飽きてきたところで、TWBさんの写真を出して、「こんなレース用のバイクもペイントしてます。しかもライダーは、みんなと同じチビッコだよ~♪」と、説明すると、超興味深々

DSC07487_convert_20101013134559.jpg
そして、その流れで ピンストライプのデモンストレーション。 まさに被りつき!

DSC07490_convert_20101013135334.jpg
そして質問タイム!

DSC07480_convert_20101013134507.jpg
聞いて欲しかったナイスな質問をありがとう!  そして、真剣にメモを取る子供たち。


DSC07499_convert_20101013140706.jpg
またもキンチョーしちゃいましたが、皆聞いてくれてありがとう! おかげで、又一つ、大人になれた気がします。


この学校からの卒業生は、何らかの職人率がUPするかも知れませんね。

TEAM WING BIRD


CONGRATULATIONS!

DSC03808_convert_20100123201306.jpg

ピンストライプの歴史は、手抜き&コストダウン

やっぱり、初めて間もないのに・・・ 「デザインが描けませ~ん」  と言う方が殆ど。

「板等にベースの色をハケで塗って、それに縁取りを付ける練習をしこたまやってください!」

そう言っても、トップストライパーの複雑なデザインに欲が出ちゃうようで、みなさん地味な練習はしないようですね。

だめですよ~~~


ここで、又も ピンストライプの歴史を振り返ってみましょう。 

今から300年前とか(たぶん)、家具・馬車・建築などを造る場合、縁取りに写真のような段差を付けて複雑感を出すのがオシャレ(欧米デザインの基本)だったんですが、現在のような「ウィ~~ん」と機械で削れる訳もなく、職人さんの手作業だったんで、とても御金が掛かったんですね。  

でも、これが無いとムチャクチャ殺風景・・

トール~1

それで、筆を使って、造形の周りに細いラインを入れて、「それっぽく見せる」

DSC07436_convert_20101011224954.jpg
こんな具合に。

ピンストライプは特殊や高度な物ではなく、単なるコストダウンの技法だったんです。

それが歴史とともに、ペインターが複雑な物を描くようになって現在に至ります。


だから、練習も歴史をたどらないとダメです。


「ウワ~ 彫刻かと思ったら、描いてあるんやね~~」と、言われるくらいの造形もどきなラインを引く。


がんばって!

グラン トリノ

DSC07435_convert_20101011092107.jpg

久しぶりに、良い映画を観た。

クリントイーストウッドと、1972FORDグラントリノが主役のヒューマンムービー。


アメ車・MADE in USAにこだわる人には必ず観て欲しい。

そして、その意味が解らず、ペラペラなアジア製の大量生産製品に振り回されてる人にも観てもらいたい。


次のページ

FC2Ad