山本かんばん店

山本かんばん店 あれこれ!

Dガレージ HAPPY!

D_convert_20101130205837.jpg

ちょと前にオーダー頂いた、モタードマシンのゼッケンプレートをウェルカムボードに仕立てた物の
使用中の写真を頂きました。

「決まってル~~~~~~~」  (どっちも)


お幸せに!♪
スポンサーサイト

HANASKULL

HANASKULLですDSC08634_convert_20101130155851.jpg

Made in JAPAN

あれだけ色々種類が出てるのに、小さな文字やラインをシャープに描こうとすると、アメリカ(海外)製
の中には、コレだ!てのが無い。 (やっぱり人間性がオオザッパなのかな?)

何を試してみても・・「う~ん切れが悪いな~」 ・・・・不満が残る。

で、何年か前に、日本のメーカーさんに御願いして、僕ブランドの物を作って頂いた。

細かな書き込みには、コイツが大活躍!!

「う~ん さすが日本製!!」

DSC08619_convert_20101128221506.jpg

こんな小さな文字や、スクロールもこなします。


DSC08621_convert_20101128221525.jpg

1cm位のこんなシャープな文字もバッチリ!


今度 又発注する予定なので、希望の方には販売出来るかも? です。





幅6cm 長さ20Mのピンストライプを引く?

DSC08610_convert_20101128174434.jpg

NBCのスタートヒルに、コース分けのラインを引いて来ました。

幅6cm 長さ20M


DSC08609_convert_20101128174457.jpg

ザラザラのコンクリ面は、マスキングが出来ないのでフリーハンドで引きます。

普通横に使う刷毛を縦に動かして・・・・ 完全にピンストライプのテクニックです。建築塗装の方や、看板屋さんなら誰でも自然と行うテクニックですが、コレがどんどん小さくなっただけなのがピンストライプのテクニックなのは、何度も言いましたね。こういった大胆な作業の中でピンストライプのテクニックを身に付けるのがスムースです。


コレで雰囲気UPと、スタート直後の事故がちょっと減るかな

ワンショット

DSC08598_convert_20101127180313.jpg

ピンストライプなどを始めて、少々経った方とお話しした場合、必ず出るのが・・

「1SHOTとかのUSAブランド以外で使える安い物は無いのか?」
て、質問です。 

金額的な問題で、250cc程で3000円前後する1ショットは負担になるとの事ですが、


確かにホームセンターなどに行くと、日本製のエナメルペイントはありますが、
不慣れな人でも垂らす事なく塗れるセッティングになっている(速乾性)ので、気温などによっては、
引きにくい事が想像できます。

僕は、こう思います。

1缶3000円する1ショットは、ちょっと負担に感じるかも知れませんが、1回の作品に使う量は、
せいぜい100円~200円程、 売れるかどうか解らない油絵を描く絵描きさんなどは、1つの作品
に何千円とかの画材費を使ってしまいます。 それからすれば、ほんの僅かですよね。
しかも、安い代用品で練習していると、書き難いのに(僅かでも)気付かず使い続けて、
技術の向上を妨げてる可能性もあるのです。

僕がピンストライプに手を付けた25年前は正式に輸入されてなく、筆も塗料も入手出来る物で(しかたなく)
代用したのですが、それから5年後位かな? 「1SHOTが買えるぞ!」て知った時は、ソリャーもうお宝
を発見した気分で、全色と筆を全て、150000円位を一瞬の迷い無く買いました。

「これで本物が描ける条件がそろったぞ~~~~!」て、

50歳前後のピンストライパーは、皆そうだと思います。(代用品から>本物に切り替えた)


だから、本物が手に入る時代に、わさわざ使い難いかも知れない代用品を探すのは、ムダなリスク
だと思います。 迷わず1SHOTを使い続けた方が絶対良いです。


そして、もう1つの 1SHOTを使った方がいい理由・・

「見た目がカッコいいから!」

かの ワイルドマン氏も言います。 「カッコいい物を描く為には、カッコいい道具をそろえましょう!」と。



とか言いながら僕は、1SHOTと、日本製のROYAL(日本の1SHOTと言える物)を半々位で使ってます。 
これ、殆ど理由はなく、「なんとなく慣れてるから」てとこが大きいです。

(Japanese Sign Painter出身のピンストライパーの方は、多く愛用してますね)

まあ、700ccの大容量なので、僕のように1文字数メートルなんて規模を
描く場合、材料を用意するのが楽って面もあります。
性能は?と言うと、高温多湿な悪条件な日本で描き易く・長持ちするように作ってあるので、
1SHOTより、良いような気がします(する程度)


700ccで、6000円位なので、1SHOTより割安ですが、短期間で使い切らないと、1/3位は
固まって無駄になりますので、 アマチュアの方が「安く済ませてる」気になっても、逆をやってる
事にもなりますので、


やっぱり迷わず 1SHOTを使いましょう!








日本人ならワビサビ

ライトカウルのペイントをオーダー頂きました。

DSC08593_convert_20101126222101.jpg

え? この古いのをリフレッシュさせるのかって?

NO!~

これで出来上がりなのです。 元々はピカピカの新品FRP製、錆びたりは有り得ないヤツを

この通り。


一昔前の「単なるキワモノ」を経て、今後定着しそうですね。

でも、福岡はまだ5年後とかかな?


ピンストライプを顔に

最近、ご近所を恐怖に落とし入れていた・・・・

DSC08194_convert_20101118130940.jpg

使いきった、カットマネキンです。


美容室からの御依頼で、ウィッグを展示する台として使いたい、でもそのままでは品がないので・・

ペイントとピンストライプで・・

DSC08595_convert_20101126222041.jpg

DSC08596_convert_20101126222021.jpg

このように生まれ変わりました。

グリーンフラッグ

DSC08502_convert_20101126180232.jpg

シリーズチャンピォンに贈られる、モトクロッサーのゼッケンプレートへのレタリングをオーダー頂きました。

「グリーンフラッグ」さんで行われている、ミニモト選手権です。



DSC08591_convert_20101126175958.jpg

その、グリーンフラッグの社長がコチラ~♪ 花田くんです。 少年の頃から知ってます。(知ってるだけでした。) 90年代の全日本MXで、スーパークロスライダーを相手に戦った、国際A級・カワサキのファクトリーライダーだったのです~!! 現在でも激速い~♪
ありがとうございました。

Mr.G

「あ~ あ~ あ~ 後藤君(Mr.G)のソロショーの時の写真もクラッシュして出らんくなっとる。 あ~~」

戦時中のピンストライプ

「戦時中の日本製ピンストライプブラシです」

15年程前にたまたま手に入れました。

と同時に当時使っていたと言う「おじいちゃんペインター」からもお話を
御聞きしたのですが、このピンストライプブラシを見せると・・

「おお、懐かしいね~~ ナギナタ筆やん! これで、砲弾の先端に識別用のラインを引きよったとよ~ 専用の台に乗せて、クルッとね」と。

日本にもピンストライプの歴史はあったと、このブログのどこかにも書きましたが、日本の場合、アートの方向性には行かず、もっぱら直線のみだったみたいです。


で、このブラシの使い心地は? と言うと・・・・・・・

ムムムム  ・・・   やっぱり直線用ですね。




DSC07962_convert_20101125194608.jpg

南無~

いつか来るだろうな~

と思っていた依頼がありました。御位牌への戒名書きです。

職人不在の、このご時世 我が家の御霊が納まるお寺の納骨堂の名札も、
昔に入られた場所は、達筆なペンキ書きなんですが、最近のはなんと「ポップマーカー」
なんともトホホな・なんとも失礼な感じです。

御依頼があれば書きますよ~~

(昔の職人さんの様に、達筆ではありませんが)


DSC08580_convert_20101125190136.jpg

甘かった?

DSC08585_convert_20101125190117.jpg

あいつが見たら 「こんなにデカイのに、荒いね!」

て、バカにされそうなので、消して描き直してみました。

「黒インプさん、又来てね♪」

VEGAS帰り

DSC08511_convert_20101124212647.jpg

VEGAS(SEMA SHOW)帰りのDAYTONA山本さんより・・

お土産と、アメリカらしい思い出話しを頂きました!♪


DSC08573_convert_20101124212725.jpg

頂いたのは、コレ????   なんか解る?

モニターで表現しきれないド派手な・・・ ポップコ~ン!

あ~ 笑う~~~~~

一口食べる度に、鼻を突くプラスチックっぽい匂い・・

これ、ホントに食べていいの~~~ ?  キャハハ

どっかに、NO EAT! て、書いてあるんじゃないの~~~?


家族誰も食べないんで、僕一人で完食しました。


ミニマム

「コレ、こんなに小さかったの~~~~!!!」

と言う、ヨッシーくんの反応に気を良くして・・・

DSC08569_convert_20101124175944.jpg

サイドにも増やしてみた。 Fの大きさが3mm


たぶん、模型ずきな人には、当たり前の小ささだろうね

ピンストライプ

フィアット500にピンストライプのオーダーを頂きました。

DSC08533_convert_20101124160434.jpg

ヨーロピアンなボディラインに、優雅なデザインのピンストライプが似合いますね♪


DSC08545_convert_20101124160534.jpg


DSC08556_convert_20101124160556.jpg

ありがとうございました~♪

ピンストライプスクール 突発的バージョン

DSC08531_convert_20101123222236.jpg

ちょいと前に、熱烈な要望?にお答えして、「突発的なペインターズカフェ(ピンストライプ体験会)」を開催したんですが~~~

「ハードディスク破壊で、そこら周辺の画像が全て無くなっちまいマシタ。ガチョ~~~ン」


参加者は、ロッキンクルージンのスタッフ サットくんと、BABOOくん 

二人は、常に手先を使う職人仕事なので~ やる気と楽しむ気持ちが継続出来れば、きっと上手になるでしょう。



そして、第2部は、MストのIgawaくんです。

いや~~ 全国区で活躍するカスタムペインターに何かを教えるなんて、キンチョーしますね。

是非マスターして、仕事の幅を広げてください!



御3人さんに言いたいのは、やっぱり・又も、この3つ

①ベタベタのエナメル塗料のくせに慣れる

②筆の特性に慣れる

③描いた形・書き残した形の美しさを意識する。(その目を鍛える)


この3つを基本に3~4回程、僕からアドバイスを受けたら、後は独学でGO! GOGO~~~!

社交ダンスとかでは無いので、ズ~~と、手取り足取りで上達する物ではないのです。



評価されている人の作品を見て、目を鍛える。

地道な練習で、筆さばきを鍛える。



行け~~~~~~~~~~~~~~~~!!








ポピュラーな仕事の話

DSC08214_convert_20101119173229.jpg

ニドムさんよりオーダー頂きました、 ありがとう御座います。


製作>取り付けまで、外注する事なく出来ます。

全長7M けっこう大きいよ。

あの逸品が、さらに使い易く

DSC08222_convert_20101119173150.jpg

ブラシBOXにビルトinな、ブラシハンガーをちょっとバージョンup!

より スパっ! と取り出して スパッ!と収納出来るようになった。

一秒を争うピンストライプも万全だ!?


ちなみに、僕のブラシBOXは、Mゾノくんより頂いた、給食入れで出来ている。

便利に使ってます。ありがとう!

ピンストライプ ミニマム

ホットホイールに「これでもか!」て位に、カスタムペイントを施した物をたまに見ます。

で チャレンジ!

DSC08209_convert_20101118180204.jpg

ピンストライプが納まってる部分、約1cm

文字の大きさ、約1mm


老眼にムチ打ちました。

中学校のイベントで

今度の土曜日、中学校のお祭で・・

DSC08196_convert_20101118150903.jpg

こんな企画をします。

ピンストライプ&レタリングブラシ

DSC08191_convert_20101118130907.jpg

10年前からすると、輸入される種類も増えて、入門者を悩ませてる筆。(どれば買えばいいとかいな~て)

一番上は、マックのシリーズ20のサイズ00番(ピンストライプ用)

中、マックのQMシリーズのサイズ4番(レタリング~スクロールまでこなす)

下、同上のサイズ1番

これだけあれば、車やバイクに対して、殆どの仕事が出来ます。


この3本以外は要らないでしょ!て感じで。

僕の場合、重複する性能の筆を持ち過ぎ。(自分でも選択に悩んでる事がある)

なぜなんだ灯油缶

今年初めてのエネルギー充填

DSC08190_convert_20101118130843.jpg

いつも気になるのは、スカイブルーの灯油缶、

どんな場所に置いても似合わない。


この流れを作ったのは誰?

ピンストライプの考え方

僕と関わってピンストライプを始めた皆さん、練習してますか~?

体験会やブログ上で言った、「描くのでは無く、描き残した形を美しく」 意識してますか?

「ふところ部分を描く」てヤツです


では、もう一つ 解り易い資料を御見せしましょう。


コレ 大極図と呼ばれる物で、世の中の陰と陽・善と悪を解り易く表した、中国のデザインなのです。
サーフブランドのデザインベースにもなってますね。

ピンストライプって、こういう事です。

「一つの真円の中に美しい勾玉を描くと、別の勾玉が姿を現す」


蟇セ讌オ蝗ウ_convert_20101118004333

①エナメルペイントの独特なベタベタ感を知って~~

②ブラシの基本的な使い方を知って~~

③この、「ふところを描く」て事を知ったら・・


もう教わる事は何も無い。

自分で、それが見つけられる目を鍛えるしか無いのです!


この大極図が全てのデザインの基本。

ピンストライプ

DSC08182_convert_20101117184109.jpg

携帯にピンストライプを承りました。

TWB

ロードレーサー2台分のペイントを承りました。

いつもありがとうございます。

DSC08165_convert_20101117183456.jpg


目指せテッペン!

ピンストライプ アートピース

DSC08146_convert_20101117130448.jpg

ロッキンクルージンのスタッフ、サットくんに、僕が製作したアートピースを2点共購入頂きました。

ありがとうございます!!

この ゴージャスな方は本人のガレージのディスプレイに・・・・・・・・

そして、もう一本の方は、友人(こちらもロッキンのスタッフ)H口くんのマイホーム新築祝いにプレゼントされたのです~

DSC_1145_convert_20101117130336.jpg

DSC_1144_convert_20101117130254.jpg

裏には、お祝いのメッセージを。

ガレージ

DSC08176_convert_20101117125540.jpg

T野さんより、ガレージの設計を承ってます♪

僕の趣味を仕事で全面的に出せるなんて嬉しいです~~


早く大公開したい!


フリーハンドレタリング

DSC08178_convert_20101117114847.jpg

ヨーロッパモダンな家造りを信条とする「タウンクラフト」さんより、社名サインをオーダー頂きました。

やはり、ヨーロッパモダンの中で、カッティングシートってのは有り得ません。

チリリンベル

我が家のバイスィクルで20年以上も働いてくれてるベルです。
長年の錆びが、陶器のようないい感じを醸し出してます。

DSC08171_convert_20101116144832.jpg

このシンプルなメカに、幼少のころ 幾つかを学びました。

*機械は、油が切れると動きにくくなる。

*歯車を組み合わせる事で、スピードを変えれる。

*バネを使う事で、自動的に元の位置に戻せる。

*真円では無く、扇型の歯車もある。

*ベルを叩くオモリは、フローティングな事で、スムースにベルを叩ける。

*べルは、固定されながらも他と全く触れない事で、音が響く。(転倒すると歪んでベルと本体が触れて、音が出なくなるのを見て、友達のを良く修理してあげてた)



原始的とも思える、これらの集合で、 ハイスピードで走る車も・飛行機も・ロケットも構成されてる。

「自転車のタイヤ交換をするよりも新車を買った方が安上がり!」

そんな教育をする親たちの下で、こんなベルの構造に興味を持って、それを未来の科学に繋げる子供が育ってるんだろうか?

あ~ 恐ろしや。
次のページ

FC2Ad