山本かんばん店

山本かんばん店 あれこれ!

読めなくなってしまった木看板をなんとかしてほしい・・   そんな御依頼です。


和的な御商売をスタートされる場合、圧倒的に多いのが 「木板に黒の書き文字」 そんな構成の看板です。
皆さん、それこそがBESTと思われて掲げられますが、そこには大きな盲点がありまして、天然の木が経年すると
必ず変色(黒ずむ)して、御覧のように文字ど同化して読めなくなってしまうのです。



御覧のように。 (夕方とかは全く読めないのではないかと)

DSC00136_convert_20140802124031.jpg



で、その対策にフリーハンドでライトグレーのアウトラインを入れますと・・・

DSC00137_convert_20140802124039.jpg


変色した木色と文字の黒がアウトラインによって縁が切れるのでしっかり読む事が出来ます♪

DSC00142_convert_20140802124047.jpg

ありがとうございました!!♪
(でも近年中にしっかりとやり直すのが良さそうです♪)


*「なぜこのような事態になるのかと申しますと、看板の事を考える際に 「文字を読ませる」という事に対して勉強も
経験もない工務店さんが、そういう事にモチロン素人な店主さんに、「いい一枚板があるから、それに黒で入れたらカッコいいよ!」 となる訳です。  勿論新品の時は白い木肌に黒文字が効いて、「いいね~~~♪」となるんですが、経年すると御覧の通りです。   僕がスタートから関わるなら絶対にさせません!  最初からアウトラインを入れるか、そうならない方法を考えます。 御相談下さい」 (お金は掛かりますが)


あなたの行きつけの飲み屋さん、こんなになってないですか?(笑





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ttoyssigns.blog86.fc2.com/tb.php/4115-ea44cbb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad